ガーゼのよだれかけ

ガーゼのよだれかけ

よだれかけの生地にいろいろな種類があります。
綿100%のものもあれば、柔らかいタオル地でできているもの、エプロンの様にしっかりした型でできているものまで様々です。
種類の1つにカーゼでできているものがあります。
カーゼでできていると、肌が敏感な赤ちゃんや肌の弱いお子さんでも首回りへのダメージは抑えられると思います。
よだれかけが肌に合わず、かゆくて知らない間に掻いてしまっていることもあるかもしれません。
しかし、カーゼタイプなら肌に優しい生地なので日々使うものとして考えるならば、いいと思います。

 

市販でもカーゼタイプのよだれかけは売っていますが、自分の好みの生地使って簡単に作ることもできます。
カーゼの生地とレースやアップリケなどを合わせて作ると可愛らしい女の子っぽいよだれかけが出来上がります。
色やデザインを変えるだけでも、カッコイイパターンのカーゼよだれかけを作ることもできます。
市販にはない、自分のこどもだけのオーダーメイドよだれかけを作ってあげてみて下さい。
作り方の基礎が分かると、いろいろなパターンを作ることができるのでママの趣味にもできそうです。

 

一番簡単な方法としてはカーゼのハンカチを使ってよだれかけを作ってしまうことです。
ハンカチを半分に折ってカーゼの端にスナップを縫い付けるだけの簡単なものです。
数ヶ月の赤ちゃんにとっては、たくさんの枚数と洗ってすぐ乾くというのも重要です。
デザインや色など特にこだわらず、たくさん枚数が欲しいという方にはおすすめかもしれません。